2019年6月1日土曜日

パナソニックが「LUMIX S1H」「LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 ASPH.」を発表

パナソニックがフルサイズミラーレスカメラ「LUMIX S1H」の開発を発表し、マイクロフォーサーズ用大口径ズームレンズ「LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 ASPH.」とLマウント用テレコンバーターを正式に発表しました。

LUMIX DC-S1H

  • プレスリリース
  • デジタルカメラとして世界で初めて6K24p(縦横比3:2)や5.9K30p(同16:9)動画記録を実現
  • 当社のデジタルシネマ用4Kカメラ/レコーダー「VARICAM」と同水準の広ダイナミックレンジで広色域の14+ストップV―Log/V―Gamutに対応
  • 時間無制限の動画撮影を実現
  • 2019年秋発売予定
  • 4000ドル前後

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 ASPH.

  • 商品ページプレスリリース
  • レンズ構成:12群17枚
  • 最短撮影距離:0.28m
  • 最大撮影倍率:0.14倍
  • サイズ:φ87.6mm×128mm
  • 重さ:690g
  • 防塵防滴・-10度の耐低温
  • 発売予定日:2019年8月22日
  • 希望小売価格:270,000円

DMW-STC14/DMW-STC20

  • 商品ページプレスリリース
  • Lマウント用テレコンバーターレンズ
  • レンズ構成:4群7枚/4群8枚
  • サイズ:φ65.3 × 27.6/41.6 mm
  • 重さ:180/230 g
  • 防塵防滴・-10度の耐低温
  • 対応レンズ:LUMIX S PRO 70-200mm F4 O.I.S. 、70-200mm / F2.8 S Series lens(2019年後半発売予定)
  • 発売予定日:2019年6月25日
  • 希望小売価格(税別):63,000/67,000円


各店予約価格(税込)